自分と闘うための6つの戦略

自分と闘うための6つの戦略

アイアンマン(トライアスロンのハードコアバージョン)を完走し、北アメリカ大陸をサイクリングで横断することで、多くの人生の教訓を学びました。この二つのチャレンジは、肉体的にも精神的にも、何度も私を追い込み、戦わせました。レースであったり、やらなけらばいけないタスクであったり、人間誰もが、時として試練に向かい、乗り越えることを学びます。。私をひざまずかせ、光への道を戦わせました。


今日は、私の経験を通してこのような試練を乗り越えるメンタルアドバイスをしたいと思います。


自分を信じる事
最も重要な教訓は自分を信じることです。あなたには無理という他人の言葉を見返りの燃料として、成功まで自分の意思を貫くのです。
あなたの能力、意欲、動機に疑問を抱く人がいても、これは自分自身をより強く、押すすためにのみ使用します。何事にも自分を信じることをやめないでください。
ー「体があれば、あなたはアスリートです」ビル・バウアーマンナイキの共同設立者


失敗は学習のチャンス
すべての失敗は教訓を提供します。あらゆる損失、失敗した試み、および失望は、次回のパフォーマンスを改善する方法を明らかにします。
逃した機会を評価し、間違いを修正して、もう一度やり直してください。


目標を設定して計画する
計画を立てて、夢を毎月、毎週、毎日の目標に分けます。マラソンを走ろうとしていて1マイルも走れない場合、あなたのその日の目標は3/4マイルを走ることです。それから1日か2日後に1マイル。
まずは構造化された計画を立て、必要に応じて柔軟性のある計画を作ります。


インスピレーションをもらう
あなたが何か素晴らしいことを達成しようとしていて、世界があなたに反対しているように見えるとき、インスピレーションを見つけるのは難しいでしょう。
もしそういうことがあったら、ポジティブなインスピレーションを与えれくれる動画を観たり、歌やスピーチを聞いてみてください。心に強く訴える物語を読んでください。あらゆるところから、ポジティブな刺激は受けられます。

自分との戦いに容赦しない
あなたが目標を持って、壁に直面している時、全力でそれを攻撃しなければなりません。
目標に希望を持って取り組むことで、あらゆる障害物と戦う力がつきます。

諦めない
何があってもやり遂げる。
時には全てやめて放り出したくなる時もあるでしょう。でも、そういう時こそ、諦めないでください。山を越えると谷がきます。