植物性(プラントベース)の食事とは?

植物性(プラントベース)の食事とは?

プラントベース(植物性)の食事とは?

植物性の無添加食品とは、肉類、乳製品、蜂蜜などの動物性の食品を一切含まず、合成添加物も使用していない、自然食品のことです。自身の健康や地球環境、動物福祉の改善に関心を持ち、取り組む人の多くが、プラントベースの食事を実践しています。

 

ヴィーガンとの違い

ヴィーガンの食事では、動物性食品を含まない加工食品を食べることもあります、例えば、動物性食品を使っていないポテトチップスやピザなどです。一方、プラントベースの食事では、加工食品の摂取を控えます。また、多くのヴィーガンの人々は食品以外でも動物から作られた製品(衣類や靴など)を使わないことでもよく知られています。

 

プラントベースの食事で使われる食品は?

果物、野菜、全粒粉の穀物、ナッツ、種子、豆類などで作られています。

植物性の一日の献立例:

朝食:ブルベリーと豆乳のオートミール

昼食:クランベリー、ナッツ、キュウリ、ひよこ豆のサラダ

夕食:トマト、ほうれん草、キュウリ、ひよこ豆のファラフェルサンドイッチ

 

プランドベースの食事は、健康面だけでなく、環境面にも良い影響を与える、地球上で最もやさしい食事とも言われています。全ての食事をブラントベースに置き換えることは難しいですが、肉や乳製品の消費量を減らすだけでも、健康や地球環境の改善のための大きな一歩になります。