植物性(プラントベース)の食事とは?

植物性(プラントベース)の食事とは?

植物性(プラントベース)の食事とは?

植物性ホールフード食事は、動物性の食品(肉、乳製品、蜂蜜)や、人工的に加工された食品を一切含まない自然食のことを言います。自らの健康、環境問題などに意識を向けている人が実践しています。
 

ヴィーガンとの違い


ヴィーガンは、動物性食品を含まない加工食品(ポテトチップスなど)も含みます。又、多くのヴィーガンの方は、食事のみに止まらず、動物の皮でできた衣類や靴なども利用しません。


具体的な植物性の食品とは?


果物、野菜、穀物、ナッツ、種子、豆類で構成されています。
植物性の一日の献立例:
朝食:オートミール、ブルーベリー、豆乳
昼食:クランベリー、ナッツ、キュウリ、ひよこ豆サラダ
夕食:トマト、ほうれん草、キュウリ、ひよこ豆でできたファラフェルのサンドイッチ


健康面だけではなく、植物性の食事は地球上で最も環境に優しい食事とも言われています。100%植物性ホールフードの食事を生活に取り入れるのは難しいですが、毎日の肉と乳製品の消費量を少し減らすだけでも身体と環境に大きな影響を及ぼします。