セロリが持つ3つの効能

セロリが持つ3つの効能

セロリは摂取カロリーよりも消費カロリーの方が大きいことからマイナスカロリー食品と呼ばれることがあります。このように低カロリーで有名なセロリですが、セロリから摂取できるものはマイナスカロリーだけではありません。セロリにはビタミン、ミネラル、食物繊維、水分といった栄養素が含まれています。

 

ここではセロリの偉大な効能をご紹介します。

 

炎症を抑える

セロリには抗酸化物質や抗炎症化合物などが含まれており、関節炎や骨粗しょう症、さらにはがんや心臓病などの慢性疾患などの炎症を抑える手助けをします。

 

ビタミン、ミネラル、栄養素の強化

セロリにはビタミンA、K、B、Cが含まれています。セロリ1カップ分で、1日に必要なビタミンKのおよそ30%を摂取できます。ビタミンKは骨を強化する働きがあります。また、カリウムも豊富で血圧を抑える働きもあります。

 

セロリは食物繊維と水分が豊富なため、空腹を抑えることができます。低カロリーであることもあって、減量をする人には理想的な食品です。

 

胃で消化を助ける

セロリの繊維は、胃で消化を助けるだけでなく、胃の内壁を修復したり、胃炎やかい瘍のリスクを下げると言われています。