オーガニックヴィーガンプロテインパウダーを選ぶ理由

The Plant Eraのオーガニックヴィーガンプロテインパウダーは、パフォーマンスの向上を目指す人のために開発されました。
20種類のアミノ酸からなるアミノ酸組成をもち、栄養バランスに優れ、美味しさも兼ね備えているだけでなく、地球環境にも配慮した、今までにないプロテインパウダーです。
 

プロテイン(タンパク質)の役割は?

人間の身体は水分とタンパク質からできていると言っても過言ではないほど、人間にとってタンパク質は重要な要素です。

タンパク質は、植物、動物の細胞を構成する主要な成分で、筋肉や骨、肌、髪の毛、そして血液や内臓など身体の成分として欠かせない栄養素のひとつです。

なぜオーガニックヴィーガンプロテインがあなたの健康に有効なのか?

ヴィーガンプロテイン(植物性タンパク質)と言えば、ヴィーガンやベジタリアン(動物性の食材を食べない人々)のためのタンパク質というイメージが強いかもしれませんが、ヴィーガンプロテインを取り入れるメリットは

・栄養バランスの良さ
・低脂肪である
・消化効率が良い

    など、様々あります。

    ベジタリアンやヴィーガンの人におすすめ

    ビタミンB12は、血液のヘモグロビンを形造る役割を果たしているため、貧血に効果的な栄養素とも知られています。

     

    ビタミンB12は動物性食品に多く含まれているため、ベジタリアンやヴィーガンの方に不足しがちですが、The Plant Eraのヴィーガンプロテインパウダーは1食分(約30g)で1日に必要なビタミンB12量の50%が含まれています。

     

    ダイエット中・筋力アップをご希望の方におすすめ

    ヴィーガンプロテイン(植物性タンパク質)は、動物性のものに比べて低脂肪です(一食分わずか2g)。 

    また、植物性食品には多くの日本人が不足しがちな食物繊維も多く含まれており、胃腸の活性化を促し、胃腸環境の調子を整える効果も見られます。 

     ヴィーガンプロテインにはビタミン、ミネラル、良質な脂質がバランスよく含まれています。動物性の脂に含まれる、飽和脂肪酸の摂取も抑えることができます。

     

    ホエイやコラーゲン、動物性タンパク質との違いは?

    過去に、スポーツ栄養業界では、ヴィーガンプロテインはホエイやコラーゲン由来のプロテイと比べて効果が低いと言われている時期がありました。

    しかし、現在では、ヴィーガンプロテインもホエイやコラーゲンプロテインも、運動後の回復を促す、強度、能力、アミノ酸組成などに大きな差はないとされています。

    さらに、ウィーガンプロテインの場合、乳糖(ラクトース)を含まないため、乳製品を受け付けない体質の人でもストレスなく摂取できます。

    The Plant Eraのヴィーガンプロテインのアミノ酸組成は、エンドウ豆とコメのタンパク質を組み合わせています。この2つの食材を組み合わせることで、プロテインが20種類のアミノ酸から構成されるように開発しました。

     

    なぜThe Plant Era(プラントエラ)のプロテインパウダーを選ぶのか?

    The Plant Eraの創設者ニック・オルシーニはアイアンマンです。

    アイアンマンとは、トライアスロンよりもさらに厳しい、鉄人レース(アイアンマンレース)の完走者のことです。

    ニックは鉄人レースに向けたトレーニングを重ねる中で、食生活の重要性を実感しました。

    バランスのとれた、植物性食品中心の食生活が体力のみでなく、思考力も向上させると実感したのです。

    しかし、ニックがトレーニングに取り組んでいた2015年当時、ヴィーガンプロテインを見つけることは大変難しく、また、味や成分の上でも満足できるものはありませんでした。

    この経験からニックは、栄養バランス、飲みやすさ、そして環境にも優しいヴィーガンプロテインパウダーの開発を始めました。

    そして完成したのがThe Plant Eraのオーガニックヴィーガンプロテインパウダーです。

    すべての人が最高のパフォーマンスを目指す社会を

    The Plant Eraは、運動習慣のある人に限らず、すべての人が理想の自分、理想の社会を目指して進んでいく道をサポートするために、絶えず革新、発展、挑戦を続けます。

    ヴィーガンプロテインが叶えるのは人類のパフォーマンスの向上だけではありません。

    The Plant Eraは企業の責任として、環境問題の改善にも取り組みます。

     

    オーガニック、ヴィーガンとサステイナビリティ

    プラントベース(植物性)の食事に切り替えることで、地球環境の改善に取り組むことができます。

    世界の穀物の50%は家畜によって消費されています。一方、世界では8億2千万もの人々が資源不足による飢餓に苦しんでいると言われています。

     1エーカー(約4000m²)の土地で生産できる食肉の量は約110kg、対して植物性の食物は1,1190kgです。

    家畜産業が排出する温室効果ガスは、総排出量のおよそ4分の1に相当し、ハンバーグ一つ分に使われる食肉を作るのに必要な水は、私たちのシャワー2ヶ月分に相当するとも言われています。

    排出される二酸化炭素量は、乗用車を3週間走らせた場合に排出されるのと同じ量です。

    プラントベースの食生活を実践することで、人類の飢餓、地球の資源保護、温暖化対策に取り組むことができます。

     

    The Plant Era(プラントエラ)環境問題への取り組み

     

    The Plant Eraの環境問題への取り組みは、プラントベースの食生活の実践に限定されません。 

    The Plant Eraは、年間収益の一部を国際連合環境保護局に寄付します。環境保護局は以下を例とするの地球と人類の改善プロジェクトを支援しています。

     

    • モンゴルのSalkhit風力発電所における再生可能エネルギーの供給、雇用と投資の創出、およびモンゴルのCO2排出削減の支援。
    • RIPPLE Africa(英国の慈善団体)が主導する、マラウイで4万の伝統的な石造りの火を安全な燃料効率の良いストーブに置き換える支援。これにより現地の森林破壊と呼吸器疾患を防ぐことにつながります。
    • チリのチャカイエ水力発電プロジェクトによる、再生可能エネルギー供給とCO2排出の抑制と、現地経済成長の支援。

    これらの取り組みを支援することで、地球環境の改善を目指します。

    The Plant Eraは、夢を持って目の前の課題と将来の目標に取り組む、すべての人にインスピレーションを与え、より良い社会を探究します。