ビタミンB12を摂取する理由

ビタミンB12を摂取する理由

ビタミンB12(別名コバラミン)は、赤血球を作ったり、神経細胞とDNA合成に重要な役割をはたす、欠かせないビタミンです。

 

簡単に説明すると、ビタミンB12は健康と活力を保つために重要なのです。

 

ビタミンB12の欠乏は身体に大きな影響をもたらす可能性があります。
特に、肉や乳製品を避けている人、胃炎、セリアック病またはクローン病、免疫系障害、および減量手術を受けたことのある人は欠乏しがちとされています。

 

ビタミンB12欠乏症の症状には次のものがあります:

  • 脱力感、疲労感
  • 痺れやうずきなどの神経の問題
  • ウォーキングやバランスをとることに困難を覚える、思考することに困難を覚える
  • 貧血
  • 便秘、下痢、食欲不振、ガスが溜まる
  • うつ病、記憶喪失、または行動の変化などの精神的変化
  • 舌が腫れる

 

ビタミンB12は機能的な健康を支えるだけでなく、骨の健康を保つ、黄斑変性症(失明)を防ぐ、主要な先天性欠損症を防ぐなどの効果があるとされています。

 

ビタミンB12は肉や乳製品に含まれていますが、植物ベースの食事でも推奨量を摂取するためのアイデアをいくつか紹介します。

  • 栄養調整されたシリアルを食べる
  • 植物性乳を飲む
  • サプリメントから摂取する
  • The Plant Eraのプロテインパウダー で1日の推奨量の50%を摂取する

 

健康であることやヴィーガンであるなどの理由に関わらず、誰もがビタミンB12の欠乏症の影響を受ける可能性があります。
ビタミンB12の効果を過小評価してはいけないと考えさせられます。