【植物性食事】とパフォーマンス

【植物性食事】とパフォーマンス

植物性の食事は、アスリートのパフォーマンス向上が実証されています。

血行改善

動物性タンパク質に含まれる飽和脂肪は血液を詰まらせ、激しい運動時の筋肉への酸素の流れを減速してしまいます。

筋肉をより効率よく増量

植物性の食事で血流が改善され、動脈が拡張することで、筋肉をより効率的に収縮させ、運動中のパフォーマンスを改善します。

効率のいいエネルギー源

いかなるスポーツにも、ブドウ糖と精製されていない炭水化物(玄米やバナナ)は、アスリートにとって最適なエネルギー源であり、集中力を維持します。

低炭水化物ダイエットは、脂肪が十分に速くエネルギー需要を満たすことができないため、運動力を損なってしまいます。タンパク質は、カロリーの3分の1が熱として燃焼されることを考えると、動物性たんぱく質に含まれる、高い脂肪成分はトレーニングに非効率的です。対して植物性たんぱく質は低脂肪でエネルギー源に最適です。

 

是非、数週間植物性の食生活を送ってみて、自らの身体の違いを実感してみて下さい。

肉を食生活からを減らして、あなたのパフォーマンスの新たな可能性を見出してみませんか?

 

 

 

 

 

参照:

Plant-based Diets For Cardiovascular Safety and Performance in Endurance Sports. Neal Barnard-David Goldman-James Loomis-Hana Kahleova-Susan Levin-Stephen Neabore-Travis Batts. https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC6356661/

Butki BD, Baumstark J, Driver S. Effects of a carbohydrate-restricted diet on affective responses to acute exercise among physically active participants. Percept Mot Skills. 2003 Apr;96(2):607-15.

Carlsen MH, Halvorsen BL, Holte K, Bøhn SK, Dragland S, Sampson L, Willey C, Senoo H, Umezono Y, Sanada C, Barikmo I, Berhe N, Willett WC, Phillips KM, Jacobs DR Jr, Blomhoff R. The total antioxidant content of more than 3100 foods, beverages, spices, herbs and supplements used worldwide. Nutr J. 2010 Jan;9:3.

Type Of Vegetarian Diet, Body Weight, and Prevalence Of Type 2 Diabetes. Serena Tonstad-Terry Butler-Ru Yan-Gary Fraser - https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC2671114/

“Home - PubMed - NCBI.” National Center for Biotechnology Information, U.S. National Library of Medicine, https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed.

Wright, N., Wilson, L., Smith, M., Duncan, B., & McHugh, P. (2017, March 20). The BROAD study: A randomised controlled trial using a whole food plant-based diet in the community for obesity, ischaemic heart disease or diabetes. Retrieved from https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC5380896/.