【植物性食】と健康

【植物性食】と健康

 

植物性食品中心の生活は健康的な生活を送るためのとても重要なポイントだと私たちは考えます。

動物由来の食品を完全にやめる必要はありませんが、動物性食品を減らし、植物性食品の割合を増やした食事パターンに変えることが健康的な食生活につながるのではないでしょうか。

植物性食品とは、野菜、ナッツ、全粒穀物、果物、豆類などのことを指します。
また、このような食品を中心に食べる生活をする人々を菜食主義者、ビーガン、セブンスデーアドベンティストと呼ぶこともあります。

アメリカ心臓協会の発表によると、選択する食品が栄養価が高く、糖、ナトリウム(塩)、コレステロール、飽和脂肪とトランス脂肪が少ない食品を選択することを条件に、主に植物ベースの食事を食べることは推奨できるとしています。
たとえば、フライドポテトは植物ベースですが、栄養価が低く、ナトリウム(塩)が含まれています。
つまりここでおすすめされているのは、新鮮な果物、野菜、穀物などの加工されていない食品です。
植物性食やプラントベースの食事と表現される場合は、このような加工されていない、自然食品を差す場合が多いでしょう。

植物性食において、野菜と果物はとても重要な栄養素であり、様々な種類の食品を食べることは、量と同じくらい重要です。
1つの食材では健康的に生活できる全ての栄養素を摂取することはできません。毎日たくさんの種類をたっぷり食べることが重要です。
そして、様々な種類と色の農産物を食べることは、栄養面でのメリットだけでなく、目にも味にも魅力的な食事になることでしょう。

しかし、たくさんの食材を用意し、調理しすることを毎日、毎食続けるのは大変です。
The Plant Eraのオーガニックヴィーガンプロテインが手軽に美味しく植物性の栄養補給を助けます。
ぜひ試してみてください。 

参照:

"Eating more plant-based foods may be linked to better heart health. American Heart Association. American Heart Association. 2019, August 7.

"Vegetables and Fruits." Harvard T. Chan School of Public Health. 2019, May.

Esselstyn, Caldwell. "We Can Prevent and Even Reverse Coronary Artery Heart Disease." US National Library of Medicine; National Institute of Health (NCBI). Cleveland Clinic. August 2007.

Tonstad, Serena, Butler, Terry, Yan, Ru, & Fraser, Gary. "Type of vegetarian diet, body weight, and prevalence of type 2 diabetes." NCBI. Department of Cardiology & Health, School of Medicine, Loma Linda UniversityMay 2009.

Frattaroli, J., Weidner, G., Dnistrian, A. M., Kemp, C., Daubenmier, J. J., Marlin, R. O., Ornish, D. "Clinical events in prostate cancer lifestyle trial: results from two years of follow-up." NCBI. Department of Psychology and Social Behavior, University of California. Dec 2008.

Hastert, T. A., Beresford, S. A. A., Patterson, R. E., Kristal, A. R., & White, E. "Adherence to WCRF/AICR cancer prevention recommendations and risk of postmenopausal breast cancer." NCBI. Department of Epidemiology, University of Washington. Sept 2013.

"Vegetarian and Vegan Diets." American Institute for Cancer Research. (n.d.).