【植物性食】と健康

【植物性食】と健康

植物性の食生活は、動物性の物を多く含む食生活と比べて、身体に好影響をもたらします。寿命、炎症、慢性疾患、皮膚、BMIなどに対する効果は多くの影響のうちのほんの一部でしかありません。
動物性タンパク質は多くの飽和脂肪とカロリーを含みます。一方で、植物性の食事は低カロリーで高い栄養価と高い抗酸化作用があります。

 

例えば、中国の農耕地に住む植物性の食習慣を持つ人々が、何千年も心臓疾患などにかからなかったことには理由があります。
以下の情報は、アメリカ国立衛生研究所(NCBI)、アメリカがん協会、アメリカ心臓協会からの引用です。(医師からの直接的なアドバイスではありません。)

 

1.循環器疾患

10,000人を超える成人を対象とした研究で、植物性の食事が心疾患のリスクを16%減らし、心疾患による死亡の可能性を32%低下させることが証明されました。
ハーバード大学の研究者たちは、11万人を対象とした調査で、1日に8食分以上の野菜を食べた人は、1.5食分の野菜を食べた人と比較して、心臓発作や脳卒中となる可能性が30%低いことを発見しました。
アメリカでも有数の評判であるクリーブランドクリニックは植物性食生活で冠動脈疾患の進行が停止または完治することを実証しました。

 

2.糖尿病

50,000人を対象とした研究で、ヴィーガンを食生活に取り組む人の2型糖尿病のリスクは2.9%、ヴィーガンでない人は7.6%であることが示されました。
また、ヴィーガンのグループでは血糖値の調整機能がよく働いていることも示されていました。これはヴィーガン食にビタミンB6、カリウム、食物繊維が豊富に含まれることが原因と考えられます。

 

3.肌

人参のベタカロチン、トマトのリコピン、柑橘類のビタミンCなど、新鮮な野菜や果物には、皮膚の健康に重要な抗酸化物質が豊富に含まれています。これらは肌の老化を防ぎ、コラーゲンを作ることも可能です。

 

4.がん予防

Dan Ornishによる2008年の研究は、特定の患者において、適度な運動と植物性の食事の併用が前立腺癌の進行を遅らせることを実証しました。
7年にわたる3万人の女性を対象とした研究では、植物性の食事をとり、赤身肉や加工肉を避け、アルコール摂取を1日1杯に制限した場合、乳がんとなる可能性が60%減少することが証明されました。
アメリカがん研究所は、がんの既往歴がある人および癌の予防に気を使っている人々に植物性の食生活をおすすめしています。

 

参照:

"Eating more plant-based foods may be linked to better heart health. American Heart Association. American Heart Association. 2019, August 7.

"Vegetables and Fruits." Harvard T. Chan School of Public Health. 2019, May.

Esselstyn, Caldwell. "We Can Prevent and Even Reverse Coronary Artery Heart Disease." US National Library of Medicine; National Institute of Health (NCBI). Cleveland Clinic. August 2007.

Tonstad, Serena, Butler, Terry, Yan, Ru, & Fraser, Gary. "Type of vegetarian diet, body weight, and prevalence of type 2 diabetes." NCBI. Department of Cardiology & Health, School of Medicine, Loma Linda UniversityMay 2009.

Frattaroli, J., Weidner, G., Dnistrian, A. M., Kemp, C., Daubenmier, J. J., Marlin, R. O., Ornish, D. "Clinical events in prostate cancer lifestyle trial: results from two years of follow-up." NCBI. Department of Psychology and Social Behavior, University of California. Dec 2008.

Hastert, T. A., Beresford, S. A. A., Patterson, R. E., Kristal, A. R., & White, E. "Adherence to WCRF/AICR cancer prevention recommendations and risk of postmenopausal breast cancer." NCBI. Department of Epidemiology, University of Washington. Sept 2013.

"Vegetarian and Vegan Diets." American Institute for Cancer Research. (n.d.).