【植物性食事】とサステイナビリティ

【植物性食事】とサステイナビリティ

The Plant Eraはなぜ環境に良いのか? 植物のみでできたプロテインは、肉や乳製品よ利用したプロテインよりも少ない資源を使用します。

資源

  • もし、あなたが植物性の食事を実施したら、1日約4,000リットルの水、20 kgの穀物、そして9kg のCO2を節約することができます。
  • 穀物の50%は家畜産業の動物によって消費されており、アメリカの水資源の半分以上が家畜に使用されています。
  • 現在、世界中でおよそ8億人の人々が資源不足により栄養失調であると言われています。
  • アメリカで使用されている家畜用の穀物の量は、8億人の人々を養うことができます。
  • 家畜は、世界の総土地利用の45%を占めています。 1エーカー(約4000m²)の土地で生産できる食肉の量は約110kg、対して植物性の食物は1,1190kgです。
  • ハンバーグ 一つ分の食肉を作るのに必要な水は、私たちのシャワー2ヶ月分相当の水です。

地球

  • 毎年、約630万トン(食用の40%)の魚が食べ残し、売れ残りなどで捨てられています。
  • 1分間におよそ約4000m² の森林が家畜産業のために破壊されています。また、アマゾン熱帯雨林の91%の森林伐採の原因は家畜産業です。

CO₂ 排出量

  •  ハンバーグ 一つ分の牛肉を作るのに排出するCO₂の量は、乗用車を3週間走らせるのに相当します。
  • より持続的な植物性の食事に移行することにより、温室効果ガスの排出を70%削減できます。
  • 動物農業産業は、全体の温室効果ガス総排出量のほぼ4分の1です。
  • もし、全てのアメリカ人が週の鶏肉の摂取量を減らした場合、乗用車500,000台を道路から無くした時と同量のCo2排出削減量になります。

 

 

 

 

参照:

Scarborough, Peter, et al. "Dietary greenhouse gas emissions of meat-eaters, fish-eaters, vegetarians and vegans in the UK". Climactic Change July 2014., Volume 125, Issue 2, pp 179-192

Ranganathan, Janet & Waite, Richard. "Sustainable Diets: What You Need to Know in 12 Charts". World Resources Institute. April 2016

Beckett, J. L, Oltjen, J. W "Estimation of the Water Requirement for Beef Production in the United States". Journal of Animal Science. 1993. 71:818-826

Oppenlander, Richard A. Food Choice and Sustainability: Why Buying Local, Eating Less Meat, and Taking Baby Steps Won’t Work. Minneapolis, MN: Langdon Street, 2013. Print

Roach, John. "Seafood May Be Gone by 2048, Study Says". National Geographic News.  November 2, 2006

"Livestock's Long Shadow: environmental issues and options". Food and Agriculture Organization of the United Nations. Rome 2006