【植物性食】とサステイナビリティ

【植物性食】とサステイナビリティ

植物性の食事をするメリットは様々です。その中でも最大のメリットはサステイナビリティ(持続可能性)ではないでしょうか。

 

1.資源

植物性の食事にすることで、1日に4,000Lの水、20kgの穀物、9kgの二酸化炭素が削減されます。

 

世界の穀物の50%は家畜などの動物によって消費されており、アメリカの水資源の半分以上もまた家畜に使用されています。

 

一方、世界では8億2千万もの人々が資源不足による飢餓に苦しんでいると言われています。

 

アメリカで家畜に利用されている穀物は、8億人の人々を養うことが可能な量です。

 

家畜は、世界の総土地利用の45%を占めています。 1エーカー(約4000m²)の土地で生産できる食肉の量は約110kg、対して植物性の食物は1,1190kgです。
ハンバーグ一つ分に使われる食肉を作るのに必要な水は、私たちのシャワー2ヶ月分に相当します。

 

2.地球

「いつか海から魚がいなくなる」というのを聞いたことはありますか?毎年40%(約2千万トン)もの魚が廃棄処分されていることを考えると、何も不思議なことではありません。

 

1分間におよそ4000㎡の森林が家畜産業のために破壊されています。アマゾン熱帯雨林の森林伐採の原因の91%は家畜産業に由来します。

 

3.二酸化炭素排出

ハンバーグ一つ分に使われる牛肉を作るために排出される二酸化炭素量は、乗用車を3週間走らせた場合に排出されるのと同じ量です。

 

よりサステイナブルな植物性の食事に切り替えることで、温室効果ガスの排出を70%削減することができます。

 

家畜産業が排出する温室効果ガスは、総排出量のおよそ4分の1に相当します。

 

全てのアメリカ人が週当たり1食分の鶏肉の摂取を減らした場合、温室効果ガスの排出量は、乗用車50万台の車をなくした場合と同じになります。

 

参照:

Scarborough, Peter. "Dietary greenhouse gas emissions of meat-eaters, fish-eaters, vegetarians, and vegans in the UK." Climatic Change, July 2015., Volume 125, Issue 2, pp 179-192.

Ranganathan, Janet & Waite, Richard. "Sustainable Diets: What You Need to Know in 12 Charts". World Resources Institute. April 2016.

"Executive Summary: Feed Supply". Food and Agriculture Organization of the United Nations.

“Quick Facts: What You Need to Know about Global Hunger.” Mercy Corps, 20 Sept. 2019.

“U.S. Could Feed 800 Million People with Grain That Livestock Eat, Cornell Ecologist Advises Animal Scientists.” Cornell Chronicle, 7 Aug. 1997.

“Can Vegetarianism Save the World? Nitty-Gritty.” STANFORD Magazine, Stanford University.

Beckett, J.L., & Oltjen, J.W., "Estimation of the Water Requirement for Beef Production in the United States". Journal of Animal Science. 1993. 71:818-826.

Oppenlander, Richard A. Food Choice and Sustainability: Why Buying Local, Eating Less Meat, and Taking Baby Steps Won’t Work. Minneapolis, MN: Langdon Street, 2013. Print

Roach, John. "Seafood May Be Gone by 2048, Study Says". National Geographic News. November 2, 2006.

Daniele Fanelli. "Meat Is Murder on the Environment". New Scientist.

Margulis, Sergio. "Causes of Deforestation of the Brazilian Amazon". World Bank Working Paper No. 22. 2003.

Tabuchi, Hiroko, Rigny, Claire & White, Jeremy. "Amazon Deforestation, Once Tames, Comes Roaring Back". New York Times. February 2017

Gustin, Georgina. “Can a Climate Conscious Diet Include Meat or Dairy?” InsideClimate News, 18 Sept. 2019.

"Livestock's Long Shadow: Environmental Issues and Options". Food and Agriculture Organization of the United Nations. Rome 2006.