赤身の肉と健康リスク

赤身の肉と健康リスク
ハーバードのチャン・スクール・オブ・パブリックヘルスの80,000人気を対象とした研究では、豚や牛肉などの赤肉は早期死亡に関連している事が発見されました。

この研究では、健康的な30〜55歳の米国の登録女性看護師53,553人と40〜75歳の男性医療専門家27,916人を調査し、25年に及ぶ病歴、ライフスタイル、および食事を計測しました。

米国は、赤身肉の摂取量が世界平均のほぼ2倍であることを考慮して、この研究に優れた人口統計を提供しています。
25年間で研究対象人の14,019人が死亡し、その調査で次のことが判明しました。
  • 8年以上にわたる赤身肉の摂取量の増加は、死亡リスクの増加と関連しています。
  • 毎日赤身の半食分を食べると、死亡リスクが10%高くなります。
  • そして、加工肉(ベーコン、ソーセージ、サラミなど)はそのリスクが13%も高くなります
  • これらは、年齢、運動レベル、食事の質、喫煙状況、およびアルコール消費によって定義されるサブグループ間で一貫していた。
ハーバードのチャン・スクール・オブ・パブリックヘルス 栄養部長 フランク・フーによると、「赤肉と加工肉をナッツ、種子、魚(および他の植物性のタンパク質)に置き換えると、死亡リスクが10%以上減少したと推定しました」
これは観察研究であるため、原因と結果ではなく、関連付けのみを証明します。しかし、フラグを立てて心に留めておくべき主なことの1つは、加工された赤身の肉が体に及ぼす大きな悪影響です。